戸城憲夫が心(しん)

その日は夜勤明けで、近くの風呂に行き、すっきりした後にミスドに行きました。時間はいまや昼間をすぎ、店内はがらんとしてたのですが、お気に入りのカウンターがあいてるのを見つけ入り要請。お腹はすきすぎ、食事条件を要請しました。レジには若々しい生徒くん。小銭がなかったのでお札をだしました。そうなると別の係がレジに来て、650円になります。といので、小銭がなかったので1050円だしたのですが。何だかお釣りをくれません。しばらく待たされ、ものが目の前にだされて、受領証だけ渡されました。その係から、ゆっくり召し上がってください。って常常のきまり不服。あれ?など面白い、と思いながらお気に入りの長椅子へ座りました。お釣りがなかったので受領証の確認すると、預かり経費650円になっており、1050円でないからお釣りはないのは確かです。今からレジへ行って言おうかどうしようか食べながら考えてると、脳裏がぼーっとしており睡魔が襲って生じる後片付け。思い返せば、レジのウィンドウを確認しなかったし、間もなく今お札だしたことを言わなかった自分が悪いかな、ってごちそうしながら言うのを諦めました。レジ優先で揉めるのも、きつくなりただただ帰りました。お釣り400円は女子としては有するいないきがしましたが…
クリアネイルショット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です